JR貨物/平成30年7月豪雨の代行輸送区間、新たに2区間増強

2018年08月20日 

日本貨物鉄道(JR貨物)は8月20日、「平成30年7月豪雨」による代行輸送の増強のため、2区間で新たに代行輸送を実施すると発表した。

現在も山陽線の一部区間において、貨物列車の運転ができない状況となっており、不通区間の代替としてトラックと船舶による代行輸送を行っている。

<トラック代行>
トラック代行

新たなトラックによる代行では、区間が姫路貨物駅(兵庫県)・広島貨物ターミナル駅(広島市)間。

輸送力は片道当り12フィートコンテナ7個で、開始日は8月20日から。危険品等については輸送区間に制限がある場合がある。

<船舶代行>
船舶代行

加えて船舶による代行。区間は百済貨物ターミナル駅(大阪市)・北九州貨物ターミナル駅(北九州市)間(大阪港(大阪市)・北九州港(北九州市)間船舶)。

輸送力は上下毎日1便(日・祝除く)片道当り12フィートコンテナ80個。

開始日は8月22日から開始(予定)積載品目は一般品(危険品及び廃棄物は除く)に限る。開始日は都合により変更となる場合がある。

<現在の不通区間>
現在の不通区間

さらなる輸送力の確保のため、西日本旅客鉄道(JR西日本)と共に、不通区間を迂回する伯備線・山陰線・山口線を通るルートで貨物列車を運行する検討を進めている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集