GLP/2兆円規模の米国物流不動産をブラックストーンへ売却

2019年09月30日 

GLPは9月26日、予定していたブラックストーン・リアル・エステートへの米国3ファンドの物流不動産の売却が完了したと発表した。

都市部に立地する総計1億7900万平方フィート(1663万m2)の物流不動産の売却額は、総額187億米ドル(2兆22億円)と、非上場不動産取引では過去最大となる。

GLPのアラン・ヤン最高投資責任者は、「今回の取引は、ワールドクラスの資産ポートフォリオを構築するため、4年間にわたって集中的に取り組んできた結果だ。ブラックストーンによる優れたポートフォリオ運用を確信しており、今後のGLPの米国でのビジネス機会にも期待している」と述べた。

GLPは不動産とプライベートエクイティファンドで660億米ドルの運用資産を有している。米国不動産市場には2015年に参入しており、今回の売却資産を含めて米国内で2番目の規模を誇る物流不動産のオーナーとなった。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集