センコーGHD/4~12月の売上高6.8%増、営業利益8.8%増

2020年02月07日 

センコーグループホールディングスが2月7日に発表した2020年3月期第3四半期決算によると、売上高4277億4100万円(前年同期比6.8%増)、営業利益171億7700万円(8.8%増)、経常利益172億3300万円(7.3%増)、親会社に帰属する四半期純利益108億7900万円(13.9%増)となった。

物流事業の売上高は2978億5000万円(5.0%増)、営業利益は148億6700万円(13.0%増)。2018年度に開設した物流センターや、センコーが2019年5月に稼働させた「印西ロジスティクスセンター」、10月に稼働させた「大分PDセンター」、ランテックが7月に稼働させた「関西支店センター」の開設に加え、拡販や料金改定、海外グループ会社7社の連結子会社化などが影響し、増収増益となった。

通期は、営業収益5600億円(5.7%増)、営業利益209億円(6.5%増)、経常利益210億円(5.7%増)、親会社に帰属する当期利益122億円(4.4%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集