日通/米日通がロサンゼルス・ロングビーチへ倉庫拠点を移転

2020年02月25日 

日本通運は2月25日、米現地法人の米国日本通運が、西部地域の海運、倉庫業務の主要拠点をカリフォルニア州トーランスからロングビーチに移転し、1月より営業を開始したと発表した。

<拠点の外観>

拠点の外観

ロサンゼルスの港湾地区では、米国の好景気を反映し、各種倉庫需要が急増している。従来の拠点は同敷地内の3棟を使用していたが、新拠点は保管、作業効率の向上を図る目的で、天井高で1棟の拠点となる。

同時に、日通のグループ会社であるAssociated Global Systems, Inc. との拠点統一により、ロサンゼルス発着の幹線輸送統一を効率的に進め、シナジー効果を図るとしている。

また、移転先のロングビーチは、Heavy Container Corridorと呼ばれる、ロサンゼルス港湾地区の重量物規制緩和道路に面しており、重量品輸送に際した特別な許認可の取得が不要となる地区。この立地を活かし、さらなる大型設備貨物・重量物の輸送や、様々なトランスロード(積替)作業、および新規フォワーディング業務の獲得を目指している。

新拠点では、-20℃(冷凍)、-28℃(冷蔵)の温度管理機能を備えた空調施設を新設することで、温度管理が必要な生鮮品や医薬品の保管が可能となる。

■施設概要
名称:米国日本通運 ロサンゼルス支店 海運営業部 、 ロジスティクス営業部 、
引越輸送支店
NIPPON EXPRESS USA, INC. L OS ANGELES B RANCH O CEAN S ERVICE D IVISION,
LOGISTICS SERVICE DIVISION, H OUSEHOLD GOODS BRANCH)
住所:1901W. PACIFIC COAST HIGHWAY LONG BEACH CA 90810 , U.S.A
倉庫面積:1万6570m2
事務所:1535m2

最新ニュース

物流用語集