日本GLP/GLP浦安IIを170億円で売却

2020年03月16日 

日本GLPは3月16日、キャピタル・リサイクル戦略の一環として、GLP投資法人に千葉県浦安市の先進的物流施設「GLP浦安II」を170億円で売却すると発表した。

<GLP浦安II>

GLP浦安II

GLP浦安IIの売却は、SMFLみらいパートナーズが匿名組合出資に係る私募の取扱いを行うブリッジSPCが同施設を取得し、一定期間保有した後、GLP投資法人が同SPCから優先交渉権を取得するブリッジ・スキームによって行う。直接取得ではなくブリッジ・スキームを活用することで、簿価の逓減効果を享受する狙い 。

日本GLPの帖佐 義之社長は「今回の取引はGLPのキャピタル・リサイクル戦略に沿うもの。同戦略を継続することで、ファンド・マネジメント・プラットフォームを拡大し、日本での開発プロジェクトを積極的に進めていく」とコメントしている。

■GLP浦安II
所在地:千葉県浦安市港77-5
敷地面積:2万4396m2
建築時期:(B棟)2020年2月、(C棟)1998年7 月
延床面積:4万9238m2

最新ニュース

物流用語集