朝日印刷/包装システム販売事業の強化でスリーエスを吸収合併

2020年04月20日 

朝日印刷は4月20日、子会社のスリーエスを吸収合併すると発表した。

スリーエスは、主に、包装機械や包装ラインの企画提案・仕入・販売、ラベル・フィルムの仕入・販売を行ってる。朝日印刷では、包装システム販売事業の強化、経営資源の集約を目的として、同社の吸収合併を行うこととしたもの。

■存続会社
商号:朝日印刷
本店所在地:富山市一番町1番1号一番町スクエアビル
事業内容:印刷包材事業および包装システム販売事業
設立年月日:1946年5月22日
資本金:22億2800万円
決算期:3月31日
2019年3月期(連結):売上高393億円、営業利益18億7000万円、経常利益22億5000万円、親会社株主に帰属する当期純利益16億6000万円。

■消滅会社
商号:スリーエス
本店所在地:名古屋市北区駒止町二丁目51 番地の3
事業内容:包装関連機器の製造・販売および包装資材販売事業
設立年月日:1987年9月26日
資本金:3600万円
決算期:3月31日
2019年3月期(連結):売上高393億円、営業利益18億7000万円、経常利益22億5000万円、親会社株主に帰属する当期純利益16億6000万円。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集