日野自動車/商用EV開発でBYDとパートナーシップ契約締結

2020年04月23日 

日野自動車は4月23日、比亜迪(BYD)と日野自動車は、商用EV開発での協業を中心とする戦略的パートナーシップ契約を締結したと発表した。

今後、両社は協業を通じて商用EVの開発を加速し、顧客のニーズに最適な商品をタイムリーに市場導入していくことを目指す。まずは個別のEV製品の開発から協業を始め、さらには両社の知見を活用して、EVの普及促進に向けて販売面や周辺事業においても協力していく計画だ。

BYDは、1995年にバッテリーの研究開発および製造会社として設立した。バッテリーやモーター、半導体デバイス、電子制御などのEVの中核技術に強みがあり、乗用車や商用車、フォークリフト、バッテリーを含むトータルエネルギーソリューションを提供している。

BYD Commercial Vehicleは、バスからトラックまでの幅広いEV製品のラインアップをもつ世界をリードするブランド。2011年に深センで電気バス「BYD K9」が営業運行を開始して以来、BYDの電気バスは50を超える国・地域の300以上の都市で導入されている。累計販売台数は5万台以上を数え、電気バスの販売においては世界トップを誇る。

最新ニュース

物流用語集