日本GLP/兵庫県尼崎市で関通専用1.7万m2の物流施設を着工

2020年05月14日 

日本GLPは5月14日、兵庫県尼崎市で関通の専用施設として、約1.7万m2の先進的物流施設を着工したと発表した。

<「GLP尼崎 III」外観完成イメージ>
「GLP尼崎 III」外観完成イメージ

この物流施設は、入居企業のニーズを反映し、働く環境の快適性向上を図っている。明るく清潔感のある建物外観を演出するため白色を多く用いるほか、エントランスには 自然のぬくもりを感じる木目調を採用。見晴らしのよい最上階(4階)への事務所集約も行い、女性用洗面所にはパウダースペースを整備してアメニティーの充実も図っている。

加えて、庫内には空調と超大型シーリングファン「ビッグアスファン(Big Ass Fans)」を設置予定だ。また、BCP対応としては、受変電設備の設置位置を通常より高くすることにより洪水対策を施している。

「GLP尼崎III」は、阪神高速3号神戸線「尼崎西 IC」から約1km、国道43号線から約650mと、大阪市および神戸市内へのアクセスに優れている。また住宅エリアからも至近であることに加え、阪神電鉄「尼崎センタープール前駅」より約1kmと徒歩圏内であるほか、近くに路線バスの停留所があるなど通勤にも至便で、雇用確保の面においても恵まれている。

日本 GLPの帖佐 義之社長は、「『GLP 尼崎 III』は、『GLP 尼崎』、『GLP 尼崎 II』に続き日本GLPが尼崎市内で運営する3棟目の物流施設。このエリアでの開発・運営実績を活かしながら、関通様のオペレーションに最適な施設を提供。日本GLPは今後も多様な業種からなる入居企業に、付加価値の高い物流施設を提案していく」と述べている。

<オンライン起工式の様子>
オンライン起工式の様子

なお、新型コロナウィルスの感染拡大防止策として、起工式では関係者がビデオ会議システムを通して神事に参列する「オンライン起工式」の形で行われた。

■施設概要
施設名:「GLP 尼崎 III」
所在地:兵庫県尼崎市道意町6丁目
敷地面積:約 8500m2
延床面積:約 1万7000m2
構造:地上4階建て(1階にトラックバースを設置)、耐震・鉄骨造
着工:2020年5月
竣工:2021年5月(予定)
認証取得:CASBEE(新築) 認証(予定)

最新ニュース

物流用語集