キヤノンITS/需要予測・需給計画の新バージョン販売開始

2020年05月19日 

キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は5月19日、需要予測・需給計画ソリューションの新バージョン 「FOREMAST(フォーマスト)Ver.3.2」を6月1日より販売開始すると発表した。

<FOREMAST(フォーマスト)Ver.3.2概要図>
FOREMAST(フォーマスト)Ver.3.2概要図

「FOREMAST」は、キヤノンITSのR&D部門が培った需要予測技術、数理最適化技術、AI活用技術などの研究成果を生かした需要予測・需給計画ソリューション。

新バージョンでは、工場・ラインの生産能力や物流の輸送能力にあわせて、補充計画量を自動調整する負荷自動調整機能や、製造時間・輸送量などの負荷を画面で確認して商品毎の計画量を修正できる計画立案支援機能を搭載した。

また、新たに深層学習を活用した需要予測モデルを追加するなど最新のAI技術を取り入れた機能を追加した。これらの機能追加によって、生産・物流分野における計画担当者の業務負荷を軽減するだけでなく、実務担当者の過重労働の原因となる業務負荷アンマッチの軽減によるワークライフバランス適正化や、輸送効率向上によるCO2削減など、さまざまな社会課題の解決に寄与する。

近年の物流現場では、在庫削減の施策として「必要なものを、必要なときに、必要な量だけ配送する」ジャストインタイム物流(多頻度小口配送)を進めてきたが、結果として物流オペレーションの負荷増大を招いていた。

さらに、トラックドライバー不足による「物流危機」と呼ばれる新たな社会課題が加わったことで、これまでと同じ方法では物流現場が立ち行かなくなりつつある。製造 現場においても高齢化などの深刻な人手不足になってきており、特に労働集約型の生産ラインでは、需要変動への柔軟な対応が難しくなってきている。

そこで、このような課題を解決するには、需要予測の精度向上と、需要に基づき必要となる生産量・物流量を的確に捉え、変動する生産・物流の負荷(製造時間、輸送量など)を計画的に月・週・日でコントロールすることが重要となることから、FOREMAST(フォーマスト)Ver.3.2を開発したもの。

キヤノンITSは、需要予測・需給計画ソリューション「FOREMAST Ver.3.2」において年間30社のシステム構築、システム導入を獲得し、ベスト・オブ・ブリード型ERPソリューション「AvantStage」を中核とするSIサービス事業で2022年に売上高50億円を目指すとしている。

■概要
名称:需要予測・需給計画システム 「FOREMAST Ver.3.2」
価格:2000万円~
発売:2020年6月1日
販売目標:30社/年間

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集