三井E&S HD/艦艇事業の譲渡に関し三菱重工業と協議開始

2020年06月12日 

三井E&Sホールディングスと三菱重工業は6月12日、三井E&S造船の艦艇事業の譲渡に向けた協議を開始することに関する基本合意書を締結したと発表した。

この譲渡により、三菱重工業は、同社の製品や技術の拡充を図り、更なる我が国の安全保障への貢献、企業価値の向上につなげることを目的とする一方、三井E&S HDは事業再生計画に基づいた造船事業の協業展開を一歩進展させることになり、自社の強みの部分をより一層活かすことができるため、結果として両社の艦艇事業において持続的な成長を実現することが可能となると考えている。

この譲渡の対象事業に関わる建造及び修繕については、本譲渡後も玉野艦船工場で継続する予定だ。

今後、三井E&S HD、三井E&S造船及び三菱重工業の間で詳細な検討を実施し、具体的な対象事業の内容及び範囲並びに譲渡方法等について確定すると共に、2020年12月末を目途に最終契約書を締結し、2021年10月に譲渡を完了させることを目指す。

関連記事

最新ニュース

物流用語集