楽天/千葉県習志野市に6万m2のEC物流センター開設

2020年06月16日 

楽天は6月15日、千葉県習志野市に「楽天スーパーロジスティクス」の物流センター「Rakuten Fulfillment Center Narashino」を開設し、稼働を開始した。

<新センター外観>

新センターは、野村不動産が開発した「Landport東習志野」を全棟利用して開設した。

「楽天スーパーロジスティクス」は、「楽天市場」出店店舗の商品の保管から出荷までを楽天が一括して担う総合物流サービス。

新センターでは、楽天が培ってきたマテリアルハンドリングシステムの活用など倉庫内オペレーションのノウハウを生かし、倉庫運営の効率化・省人化に取り組む。また、「楽天市場」出店店舗の商品の保管と出荷拠点としてだけでなく、楽天の運営する配送サービス「Rakuten EXPRESS」の仕分けや出荷拠点としても活用する予定だ。

楽天は、千葉県市川市、流山市、兵庫県川西市、尼崎市、大阪府枚方市に物流センターを設けている。これらの物流センターでは稼働率が順調に上がり、2020年中頃には満床となる予定で、新センターの稼働開始によって、サービスの処理能力向上を図る。

■Rakuten Fulfillment Center Narashino
所在地:千葉県習志野市東習志野7-3-1(Landport東習志野)
稼動開始:6月15日
賃借面積:1万8000坪

最新ニュース

物流用語集