ZMP/宅配ロボ等のAPI連携パートナー募集

2020年06月25日 

ZMPは6月25日、無人宅配ロボ「DeliRo(デリロ)」、一人乗りロボ「RakuRo(ラクロ)」、無人警備・消毒ロボ「PATORO(パトロ)」のシステム連携APIを公開し、パートナー募集を開始した。

<API連携のスキーム>

今回のパートナーの募集は、ロボットの導入を検討している顧客から「自社ITシステムと接続し、自社サービスの一貫としてロボットを利用したい」という声を受けて、開始することにしたもの。

パートナー企業としては、不動産デベロッパーやゼネコン、宅配・デリバリー、スーパー・コンビニ、ECサービス・ECモール、物流サービス、ロボットメーカーなど、多様な業種を想定している。

システム連携API「ROBO-HI API(ロボハイ エーピーアイ)」は、ZMPのロボット管理クラウドシステム「ROBO-HI(ロボハイ)」に実装され、ロボットから地図・位置情報、ロボットの各種ステータスなどの情報、パートナー企業ITシステムから予約・注文・配車情報、走行開始・停止指示などの情報を連携することができる。

具体例としては、ロボットとエレベータ管理システムとを連携することで、ロボットがフロア間を移動して行う各種サービスの提供が可能になるほか、無人宅配ロボとフードデリバリーサービスやショッピングアプリとを連携することで、有人宅配サービスとロボット宅配サービスを同じシステムで実施することが可能になる。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集