CRE/埼玉県三芳町に4万m2の物流施設を竣工、プラス専用施設に

2020年06月29日 

シーアールイー(CRE)は6月29日、埼玉県入間郡三芳町で開発を進めていた物流施設「ロジスクエア三芳」が竣工したと発表した。

<ロジスクエア三芳全景>
ロジスクエア三芳全景

「ロジスクエア三芳」は、竣工に先立ち契約率100%となっており、文具・オフィス家具メーカーのプラスのグループ企業であるプラス ロジスティクスが一棟全フロアを賃借し、2020年7月より同社の専用施設として稼働する予定となっている。関越自動車道「所沢」ICより約5.4kmに位置し、国道254号線(川越街道)、国道463号線(浦和所沢バイパス)へのアクセスも容易。

なお、「ロジスクエア三芳」から0.6kmに位置する「三芳」スマートICは、フルIC及び車種拡大への新規事業化が決定されており、連結する周辺道路を含めた整備事業が推進されている。

このフルIC化により、「ロジスクエア三芳」の交通利便性は格段に向上する。埼玉県南部、特に所沢・三芳・ふじみ野エリアは、都心部へのアクセスにも優れ、物流拠点立地として県内でも有数のニーズの高いエリア。周辺は倉庫・工場が多く、24時間稼働が可能な立地条件を備えており、物流施設としてのロケーションは極めて良好。

「ロジスクエア三芳」は市街化調整区域内に立地しているが、都市計画法第34条12号の区域指定により、適法に賃貸用物流施設の開発が可能であり、倉庫業法に基づく営業倉庫登録も可能。

「ロジスクエア三芳」は 1万8807.19m2の敷地に地上4階建て、延べ面積 4万752.16m2の大型物流施設で、ワンフロアが約2980坪(3階のみ約 2520坪)、3階部分へ大型車両が直接乗り入れ可能なスロープを設け、トラックバースを1階及び3階に備えたマルチテナント対応型の施設であり、将来複数テナントへの分割賃貸が容易な施設となっている。

出入口は大型トラックの軌跡に配慮した 24.5m幅の大型切下げを設け、1階及び3階のトラックバースは大型トラック計44台が同時接車可能であり、8台分の待機スペースと合わせて、効率的な入出庫オペレーションを実現した。

倉庫部分の基本スペックとして、外壁には金属断熱サンドイッチパネル、床荷重は 1.5t/m2、有効高さは各階5.5m以上(一部除く)、平均照度は300ルクス以上、荷物用エレベーター(4.1t)、垂直搬送機をそれぞれ4基ずつ設置、且つ、将来対応として荷物用エレベーターと垂直搬送機の追加設置や事務室の増設、倉庫内の空調機設置などの入居テナントの将来ニーズにも一定の対応ができる仕様として、マルチテナント型物流施設としての汎用性を考慮した同社の基本スペックを満足する施設としている。

さらに、今後「ロジスクエア三芳」の屋根を太陽光発電事業者に賃貸し、屋根全面に出力 751キロワットの太陽光発電設備を設置することを予定。「ロジスクエア三芳」は、この発電設備より発電した電力の供給を受けて自家消費(自立型電源)し、環境に優しい自然エネルギーを活用することで、ESG、SDGs 等に対する意識の高まりや、社会的課題へ向けた取り組みを推進していくとしている。

■ロジスクエア三芳の概要
施設名称:ロジスクエア三芳
所在地:埼玉県入間郡三芳町
敷地面積:1万8807.19m2
主要用途:倉庫(倉庫業を営む倉庫)
構造規模:鉄骨造 地上4階建て
延べ面積:4万752.16m2※付属建物含む
着工:2019年3月28日
竣工:2020年6月29日
設計施工:初雁工務店
監理監修:INA 新建築研究所

最新ニュース

物流用語集