伊藤忠都市開発/埼玉県吉川市に1.78万m2の物流施設開発着手

2020年07月09日 

伊藤忠都市開発は7月9日、伊藤忠商事と共同で、埼玉県吉川市に「(仮称)アイミッションズパーク吉川美南」を開発すると発表した。

立地は、東京外環自動車道「外環三郷西IC」から約6km、吉川美南駅東口周辺地区土地区画整理事業地内の土地であり、JR武蔵野線「吉川美南」駅から約950m(徒歩約12分)の場所に位置する。

近接する三郷エリアは首都高速道路、東京外環自動車道、常磐自動車道の結節点であり、関東エリア全域をカバーし、特に東京都内及び埼玉県南部の大消費地へのアクセスに優れた立地であることに加え、2018年6月に東京外環自動車道・千葉県区間(三郷南IC~高谷JCT)が開通したことで更にアクセスの利便性が向上した物流集積地。

この物流施設は三郷に近接する物流適地で、駅から徒歩圏内、 かつ区画整理で見込まれる住宅増加により雇用確保においても有望な立地となっている。

伊藤忠都市開発の物流施設開発事業として5件目となるこの物件は、マルチテナント型物流施設として、2022年4月に着工し、2023年9月の竣工に向け事業を推進する。竣工後は、埼玉県を中心に、長年に亘り物流事業等を展開し多くの物流拠点を構える拓洋の入居が決定している。

■概要
名称:(仮称)アイミッションズパーク吉川美南
所在地:埼玉県吉川市高久555外
交通:東京外環自動車道「外環三郷西IC」から約6km
JR武蔵野線「吉川美南」駅から約950m(徒歩約12分)
敷地面積:約1万586m2
延床面積:約1万7848m2
着工:2022年4月(予定)
竣工:2023年9月(予定)

最新ニュース

物流用語集