ギーク+、ロジザード/自動搬送ロボットとWMSの自動連係実現

2020年07月22日 

ギークプラスとロジザードは7月22日、共同開発により、自動搬送ロボット(EVE)とクラウド倉庫管理システム( WMS)「ロジザードZERO」の自動連携を実現し、提供開始したと発表した。

これにより、ロボット導入直後から、速やかに標準業務フローでの利用が可能になる。また、運用ノウハウを蓄えた後、新しいロジックの組み込み等、顧客に合わせた追加開発が可能。ロジザードZEROとEVEについては、導入以降も、日本で一貫したサポートが可能で、盤石なアフターサービスを提供している。

連携のメリットは、標準的な業務フローでの連携が完成しており、ロボット導入において、迅速な運用立ち上げが可能だ。また、運用ノウハウを蓄えた後、新しいロジックの組み込み等、顧客に合わせた追加開発が可能。導入後は基本的なアフターサービスの他、ギークプラスによる「コンサルティングサービス」があり、初めての物流ロボット導入にも最適だ。

さらに、ギークプラスによる「ロボットレンタルサービス」により、導入時は通常期に合わせて台数を抑え、繁忙期のみ1か月単位からレンタルが可能となる。

EC需要の高まりを背景とした物量増加により、人手不足が深刻化する中、次世代ロボティクス技術を活用した、物流ロボットが注目されている。ギークプラスは市場のニーズに応え、物流ロボットの販売、導入、メンテナンスなどの従来サービスに加え、WMSとの自動連携、コンサルティングサービス、レンタルロボットサービスを提供し、顧客の初期導入コストを抑えながら、物流に革新を起していく。

また、ロジザードZEROではAGV連携基盤を構築し「EVE」をはじめとしたAGV連携とともに、今後はAMRやソーター等の連携基盤の構築を進めて標準連携が可能な物流ロボットを増やしていく。ロジザードZEROを利用することで物流ロボットの選択肢が広がり、より顧客の現場に合う物流ロボットを提案できるとしている。

なお、自動連携の費用は、SKU数、倉庫の規模等により個別見積となる(運用に合わせて追加開発も可能)。

最新ニュース

物流用語集