ANAホールディングス/4~6月の貨物収入290億円

2020年07月29日 

ANAホールディングスが7月29日に発表した2021年3月期第1四半期決算によると、貨物収入は国際線が254億円(前年同期比2.7%減)、国内線が36億円(41.5%減)となった。

国際線は、新型コロナウイルスの影響で需要が減少。世界的な旅客便の運休・減便で貨物スペース供給量が大幅に減少し、マスク等の緊急物資輸送需要が増加したことで需給が逼迫した。

これに対してANAでは、貨物専用機による臨時便・チャーター便の設定や、旅客機を使用した貨物臨時便の運航、客室への貨物搭載等を積極的に推進し、緊急物資の輸送需要等の取り込みを図った結果、前年並みの収入を確保した。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集