MUJIN/アズワンの最先端物流センターでロボット4台が稼働

2020年07月30日 

MUJINは7月30日、アズワンが千葉県に開設した最先端物流センター「Smart DC」内で、計4台のロボットを稼働させたと発表した。

<アズワンのSmart DCが入居するプロロジスパーク千葉1>

納入したロボットは、出荷工程で段ボールをかご車に積み付ける「ケースパレタイズロボット」2台と、折り畳みコンテナを積み付ける「オリコンパレタイズロボット」1台、段ボールを積み下ろしする「ケースデパレタイズロボット」1台。

<ケースパレタイズロボット>

<AGVとも連携する>

ケースパレタイズロボットは、商品のサイズや重量情報、割れ物の上にケースを載せない等の対応を考慮して最適な積み付け位置を自動計算し、3Dビジョンでカゴ車のフレームを検知して位置補正しながら積み付けを行う。カゴ車を搬送するAGVとも連携を可能にした。

<世界初となるオリコンのパレタイズロボット>

オリコンパレタイズロボットは、ハンドに取り付けたセンサーでオリコンのずれを検知し、最適な位置に積み付けることで荷崩れを防止。こちらもAGVと連携し、カゴ車への積み付けから搬送までを全自動化している。

ケースデパレタイズロボットは、様々な積み付け状態や荷姿に対応。自動倉庫とコンベアとの組み合わせによって、夜間に行われる在庫補充業務の完全自動化を実現した。

これらのロボットが稼働しているアズワンの物流センターは、千葉県のプロロジスパーク千葉1内で5月末に開設。総床面積5万2800m2、既存物流センターと比較して保管能力を1.5倍、出荷能力を2倍に拡大しており、工程の70%について自動化を実現している。

<アズワンSmart DC紹介動画>

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集