商船三井の運航船/モーリシャス島沖で座礁、燃料油流出

2020年08月07日 

商船三井は8月7日、OKIYO MARITIME社(長鋪汽船の関連会社)から傭船し運航している鉄鋼原料船「WAKASHIO」が、日本時間7月26日にモーリシャス島沖で座礁により船体が損傷し、救助作業中の8月6日に燃料油が流出したと発表した。

本船は、中国からシンガポール経由でブラジル方面に向かう途中に座礁事故を発生し、現場海域・地域に甚大な影響を及ぼしている。

同社は座礁事故発生後より社長をトップとする海難対策本部を立ち上げ、日本とモーリシャスをはじめとする関係当局と連携して対応し、現地への早期要員派遣を行うとともに、引き続き船主や関係者と協力し、早期の事態解決に向けて全力で取り組むとしている。

■本船要目
船種:鉄鋼原料船ケープサイズバルカー
全長299.5m、全幅50m
乗組員:20名(インド人、スリランカ人、フィリピン人など)  
船籍:パナマ
船主:OKIYO MARITIME(長鋪汽船の関連会社)
竣工年:2007年

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集