ヨコレイ/横浜FCと内閣府の「子供の未来応援国民運動」に協賛

2020年08月07日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は8月7日、サッカーJ1の横浜FCと内閣府が進める「子供の未来応援国民運動」にNPO法人フードバンク横浜とともに協賛すると発表した。

「子供の未来応援国民運動」は全ての子供たちが夢を持って成長できる社会を実現するために内閣府が中心となり、官公民が共同となって取り組む運動で、2015年からスタートした。

横浜FCは、以前から「地域の子供たちの未来と夢を応援する」という理念から横浜市内で選手訪問やサッカー教室等を行っており、今回さらに社会支援の輪を広げるために同運動に参画。2017年からオフィシャルクラブトップパートナーを務めるヨコレイもこれらの運動と取り組みに賛同し、SDGsの一環として協力することになったもの。

企画された2つのプロジェクトのうち、ヨコレイは「子供食堂×選手と夢トーク」にNPO法人フードバンク横浜と共に参加する予定。フードバンク横浜は2016年に発足し、子供食堂やフードドライブ(食品の寄附)を行っている活動団体で、ヨコレイは2020年より、フードロス削減や地域貢献の観点から、冷蔵倉庫を冷凍食品の保管場所として無償提供している。

「子供食堂×選手と夢トーク」では、子供とその保護者が一緒に食事をとれる子供食堂を展開し、参加した子供たちを対象に横浜FCの選手とオンライントークを行う予定。フードバンク横浜が子供食堂の運営サポートをし、ヨコレイは食材と一時的な保管場所を無償提供する。

最新ニュース

物流用語集