日立、PTC/全体最適化実現に次世代ソリューション提供で協業

2020年08月20日 

日立製作所とPTCジャパンは8月20日、製造業での製品の企画・設計から調達、生産、保守サービスまでのバリューチェーンをシームレスにつなぎ、全体最適化を実現する次世代ソリューションの提供に向けて協業を行うことで合意したと発表した。

<日立・PTCの協業のコンセプト>
日立・PTCの協業のコンセプト

製造を中心としたサプライチェーン領域で幅広いLumadaソリューションを提供する日立と、製造業のエンジニアリングチェーン領域で豊富なコンサルティングの経験・知見とWindchillやThingWorxなどの高度なノウハウを保有するPTCの技術・リソースを組み合わせて、業務間や企業間に存在するさまざまなギャップである”際”の課題を解決することで、製造業の顧客のデジタルトランスフォーメーションの推進をスピーディーに支援し、顧客の事業価値の最大化への貢献をめざすとしている。

協業の第一弾として、両社は、国内の製造業を対象に共同で事業展開を行っていく。現在、大手工作機械メーカーであるオークマのデジタルトランスフォーメーションの実現に向けて、日立のサプライチェーン領域とPTCのエンジニアリングチェーン領域を組み合わせたモノづくりノウハウのデジタル化に関する共同提案に取り組んでいる。

協業で提供する次世代ソリューションの具体例として、「 バリューチェーン全体の製品トレーサビリティを確立」「データに基づくエビデンスベースでの製造プロセス変革と製品改良を実現」「ウィズ・アフターコロナ時代のリモートワーク拡大に貢献」を挙げている。

今後両社は、日本での実績をベースに、グローバル展開を図っていく予定だ。

最新ニュース

物流用語集