NEDO/自動走行ロボットの技術開発、12社参加、全国で実証実験

2020年09月02日 

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は9月2日、物流拠点から住宅や指定地への配送(ラストワンマイル物流)において、「遠隔・非対面・非接触」を実現するための自動走行ロボットの技術開発に着手すると発表した。

この事業では、開発した自動走行ロボットを用いて、集合住宅や市街地、商業施設、工業地帯などで走行させる実証を11月以降順次実施し、一部では公道での実証を行う。

また、自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現の観点から、社会受容性の向上に向けた取り組みのあり方などの分析・検討を実施する。

さらに、この事業は、自動走行ロボットを活用した配送の実現に向けた官民協議会(2019年9月設立)と連携して、「事業化に向けて核となるユースケースの明確化」「自動走行ロボットの仕様に関する安全性評価や自動走行ロボットの安全な運用体制の構築」「自動走行ロボット活用に関する制度・法令などの検討・整備」の情報を同協議会に提供する。

参画事業者は、NTTドコモ、日本郵便、TIS、パナソニック、本田技術研究所、楽天、QBIT Robotics、ソフトバンク、佐川急便、アイシン精機、東芝、京セラコミュニケーションシステムの12社。この12社に加えて、小売店や商業施設、地方自治体、ロボットメーカー等が協力団体として参加する。

■事業内容
事業名:自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業
事業期間:2020年9月~2021年9月
予算:3億円
研究開発項目:「遠隔・非対面・非接触」での配送サービスを実現するための自動走行ロボットの技術開発並びに配送サービス実証

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集