佐川急便/革新的ビジネスを共創可能なスタートアップ企業を募集

2020年09月07日 

佐川急便は9月7日、オープンイノベーションにより新規ビジネスを創出する『SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM 「HIKYAKU LABO」』を開始した。

<『SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM 「HIKYAKU LABO」』>
『SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM 「HIKYAKU LABO」』

このプログラムは、佐川急便の経営資源とスタートアップ企業の持つ全く新しいアイデアや斬新なノウハウの双方を活用して、新たなビジネスやサービスの共創を目指すもの。プログラムの開始に合わせて、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームやスタートアップコミュニティを運営する Crewwのホームページ内に専用 WEB サイトをオープンし、スタートアップ企業のエントリーを開始した。

このインターネットを活用した選考プロセスにより、佐川急便とスタートアップ企業は、シナジー確認から協業までの最終ゴールに向けて、迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となる。

このプログラムの実施にあたり、佐川急便が創業当時から受け継ぎ大切にしてきた「飛脚の精神(こころ)」と様々なアイデアが生まれるラボラトリー(実験場)のワードを掛け合わせプログラム名を「HIKYAKU LABO」と命名した。佐川急便の経営資源とスタートアップ企業の斬新な技術・アイデアを掛け合わせて新たな物流の未来を創出し、社会の発展へ貢献することを目指す。

■『 SAGAWA ACCELERATOR PROGRAM 「HIKYAKU LABO」』概要
募集期間:9月7日~9月25日
対象企業:国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。
目的:佐川急便の経営資源と独創性あふれるスタートアップ企業の技術・アイデアを掛け合わせることで、物流の未来を創る革新的なサービスを生み出すことを目指す。
募集テーマ:以下のテーマで共創可能なスタートアップ企業を募集
 社会をより良く変えていける新しい物流サービスの創出
 社会インフラとしての物流機能の安定供給
 新たな生活スタイルを物流の力でもっと安心・便利に
エントリー方法:専用Webサイトより、協業案を2500字以内で提案
https://accele.creww.me/collaboration/sagawa-2020-8

なお、スタートアップ企業が活用できる佐川急便の経営資源は佐川急便の営業基盤、物流インフラのほか、物流に関する知識・知見が活用でき、SGHグループ間の連携も活用できる。

最新ニュース

物流用語集