アルコインター/共同出資で物流会社設立、新倉庫を稼働

2020年09月07日 

アパレル商社のアルコインターナショナルは9月7日、物流業務を委託しているアサヒ倉庫と共同出資で新会社「アルコロジスティクス」を設立したと発表した。

<新設したアルコロジスティクスの倉庫>

奈良県生駒郡安堵町の本社と程近い場所に延床面積2640m2の倉庫を新設し、9月から稼働を開始している。

新倉庫では、アルコインターナショナルが取り扱う全商品を管理。従業員に経営理念や戦略を徹底し、倉庫管理に参画させることで作業効率の向上を目指す。将来的には、パートナー企業の取扱商品の管理・配送の受託も視野に入れている。

アルコインターナショナルは、ファッション性が高く環境に配慮した商品を多く取り扱っており、7月に迎えた創業50周年を機に、「SDGs(持続開発目標)の総合商社」になることを企業戦略に掲げた。

アルコロジスティクスではこの理念を共有し、リサイクル素材の物流資源を使用するなど地球に優しい物流システムを確立することで、サステナブルな社会づくりへの貢献を目指す。

■アルコロジスティクスの会社概要
所在地:奈良県生駒郡安堵町窪田1134-1
事業目的:倉庫業・荷役梱包等の付帯事業及びこれに付帯する一切の事業、貨物運送取扱事業
設立:2020年8月

最新ニュース

物流用語集