ラサールロジポート投資法人/グローバル公募増資で485億円調達

2020年09月16日 

ラサール インベストメント マネージメント インクは9月4日、ラサールロジポート投資法人がグローバル公募増資により485億円の資金を調達したと発表した。

調達した資金は、東京エリアにあるロジポート川崎ベイとロジポート新守谷、大阪エリアにあるロジポート尼崎とロジポート堺の4つの物流施設の持分取得に充てる。これらの取得により、ラサールロジポート投資法人のポートフォリオは18物件、延床面積190万m2、資産規模3178億円に成長する。

今回の公募増資は、国内機関投資家や地方銀行、海外機関投資家、国内一般投資家からの旺盛な需要を背景として行われたもの。新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、J-REITとしては初のグローバル公募増資となった。

日本の物流不動産施設市場について、ラサール不動産投資顧問のキース藤井社長は「日本では実物資産としての物流不動産市場の機関化と共に、ECの堅調な成長とサプライチェーン効率化の推進が先進的物流施設に対する需要を引き続き押し上げている。世界的なパンデミックが突き付ける様々な課題にもかかわらず、投資家もテナントも、大規模かつ高機能な物流施設の価値を認識し続けると確信している」とコメントしている。

最新ニュース

物流用語集