LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

ラサールロジポート投資法人等/大阪市と災害時緊急避難で協定

2022年06月30日/CSR

ラサールロジポート投資法人と三菱地所物流リート投資法人は6月30日、両社が共同保有するロジポート大阪大正について、大阪市と「津波災害又は水害時における指定緊急避難場所としての使用に関する協定書」を締結したと発表した。

同協定は、津波災害又は水害が発生、または発生するおそれがある場合において、保有するロジポート大阪大正の一部を大阪市に対し、指定緊急避難場所として提供することを定めたもの。

<ロジポート大阪大正>
20220630Roji 520x333 - ラサールロジポート投資法人等/大阪市と災害時緊急避難で協定

ロジポート大阪大正は延床面積10万m2超、高水準な建物仕様を備える大規模・高機能な物流施設。堅牢であることに加え、非常時には車両スロープを経由すれば迅速に人が施設内へ避難できる。

これらの施設特性を活かし、災害対策について自治体と連携することで、地域の人々の安全・安心を支援する。

■「ロジポート大阪大正」概要
所在地:大阪市大正区船町1-2-21
敷地面積:5万5929.57m2
延床面積:11万7037.14m2
竣工:2018年2月
構造:地上4階
不動産信託受益権の準共有持分比率:ラサールロジポート投資法人62.5%、三菱地所物流リート投資法人37.5%

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

CSRに関する最新ニュース

最新ニュース