日通/成田空港物流センターの非常用電源設備を大幅拡充

2020年10月06日 

日本通運は10月6日、成田空港近郊にある自社拠点「Narita Air Cargo City」内にある「成田空港物流センター一般棟」と「成田空港第三物流センター」で、自然災害への対策強化のため、非常用電源設備を大幅に拡充したと発表した。

<非常用電源設備:成田空港物流センター一般棟>
非常用電源設備:成田空港物流センター一般棟

<非常用電源設備:成田空港第三物流センター>
非常用電源設備:成田空港第三物流センター

航空貨物の中核拠点となる「成田空港物流センター一般棟」、「成田空港第三物流センター」では、非常用発電機の増設による設備の拡充により、通常貨物のオペレーションとそれに付随する事務作業に必要な電力を72時間維持することが可能となる。

これにより、停電下においても、現場の作業スタッフの安全を守りつつ、平常時と同様のサービスを提供する。

また、同センターでは非常用電源設備の拡充以外にも、代替施設の確保、通信・ネットワーク環境の整備などBCPの高度化を進めている。

最新ニュース

物流用語集