センスウェイ/在庫管理・発注の完全自動化サービス開発

2020年10月14日 

センスウェイは10月14日、ユカイ工学、CO-NECTと業務連携し、IoT重量センサーと受発注システムによる在庫管理・発注業務の完全自動化ソリューションを開発したと発表した。

<ソリューション説明図>
在庫管理・発注業務の完全自動化ソリューション

ソリューションには、センスウェイの提供する長距離通信・低消費電力なLoRaWAN通信、ユカイ工学の開発した重量センサー・静電センサーとアプリケーション、CO-NECTのデジタル受発注システム「CO-NECT」を活用する。

センスウェイのLoRaWAN通信に対応したユカイ工学の重量センサー・静電センサーとアプリケーションにより、備品や資材などの使用量を常時把握し、適正な在庫量や発注時期を管理するとともに、「CO-NECT」によって在庫量をチェックし仕入れ先に自動発注する。

在庫の適正管理や発注ミスの削減、業務効率化の観点から、卸売業や飲食店、介護施設などでの活用を想定。まずは複数業種で実証実験を進め、年内のサービス提供開始を目指す。

最新ニュース

物流用語集