ENEOS HD/石油化学製品等製造の知多製造所製造機能停止へ

2020年10月27日 

ENEOSホールディングスは10月27日、子会社のENEOSがパラキシレンをはじめとする石油化学製品等の生産を行っている知多製造所の製造機能を2021年10月をめどに停止すると発表した。

石油精製販売および石油化学事業を取り巻く環境は、国内石油製品の構造的な需要減退やアジアを中心とした国際競争の激化など、厳しさを増している。こうした事業環境を踏まえ、ENEOSでは、2017年4月のグループ発足以降、安全・安定操業および安定供給を前提に、製油所・製造所の最適な生産・供給体制の構築に関する検討を重ねていた。

この間、2019年4月に「室蘭製造所の事業所化」および「川崎製油所と川崎製造所の組織一体化」、2020年10月に「大阪製油所の事業所化」を実行し、さらに、2020年12月に千葉製油所を中国石油国際事業日本と合弁で運営する輸出型製油所とすることを決定しているが、これらに加え、知多製造所の製造機能停止が必要であるとの結論に至ったもの。

■知多製造所の概要
所在地:愛知県知多市北浜町25番地
操業開始:1973年
従業員:181名(2020年10月1日現在)
敷地面積:約130万m2
装置構成:接触改質装置 2万3500バレル/日
     芳香族回収装置 2万1000バレル/日
     パラキシレン製造装置 40万トン/年
     トルエン不均化装置 8800バレル/日
     シクロヘキサン製造装置 22万トン/年

最新ニュース

物流用語集