ANA/Peach運航便で航空貨物の取扱開始

2020年10月28日 

ANAホールディングスは10月28日、傘下の格安航空会社Peach Aviationが運航する航空便で、11月1日から貨物輸送の取り扱いを開始すると発表した。

<Peach Aviationが航空貨物輸送に使用するエアバスA320型機>
エアバスA320

Peachは、ANA、ANA Cargoと協業(コードシェア)し、航空貨物事業へ参入する。機材はエアバスA320型機を使用。

11月1日から福岡発沖縄・札幌着の計3便、12月1日から東京と大阪、札幌、福岡、沖縄をそれぞれ往復する計24便、2021年2月1日から大阪と名古屋から札幌と沖縄へ向かう計5便を毎日運航する。

将来的には、国際路線にも取り扱いを拡大する方針。Peach運航便の貨物スペースはANA Cargoを通して販売する。

昨今、新型コロナウイルスの影響から旅客機の欠航・減便が相次ぎ、貨物スペースの減少が続いているため、Peach Aviationの運航便を利用して輸送能力を高めることで、今後ますます高まる輸送ニーズに対応する。

■Peach運航便による航空貨物輸送のスケジュール
「11月1日~」
福岡→沖縄(那覇):2便/日
福岡→札幌(新千歳):1便/日

「12月1日~」
東京(成田)=大阪(関西):3往復6便/日
東京(成田)=札幌(新千歳):2往復4便/日
東京(成田)=福岡:4往復8便/日
東京(成田)=沖縄(那覇):3往復6便/日

「2021年2月1日~」
大阪(関西)→札幌(新千歳):1便/日
大阪(関西)→沖縄(那覇):2便/日
名古屋(中部)→札幌(新千歳):1便/日
名古屋(中部)→沖縄(那覇):1便/日

最新ニュース

物流用語集