日野自動車/独TRATONと電動車の企画・提供で協業

2020年10月28日 

日野自動車は10月28日、独TRATON(旧Volkswagen Truck & Bus GmbH)と電動車の企画と提供に向けた協業契約を締結したと発表した。

今回の協業では両社の強みを融合し、その成果を両社が電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)の開発、ソフトウェアや各種インターフェイスを含む電動プラットフォームや電動化コンポーネントの共通化に活用していく。

両社のメンバーでチームを形成し、スウェーデンのセーデルテリエで活動を開始し、将来的には東京にも拠点を構える計画。協業によってEVやFCVといった電動車の早期実用化を目指す。

今回の協業について、日野自動車の下社長は「調達領域に続き、電動化領域でTRATONとのシナジーが具現化することをうれしく思う。商用車メーカーならではの強みを掛け合わせ、電動車の一括企画を行い、顧客に最高の価値を提供していきたい」とコメント。

TRATONのグルンドラーCEOは「強力なパートナーである日野との新たな協業は、電動化に関する次の重要なステップであり、我々の使命を前進させるものだ」と述べたほか、「2025年までに10億ユーロを電動化に投資する」と語った。

これまで、日野自動車とTRATON社は2018年4月に長期視点、対等かつ互恵的な戦略的協力関係の構築に向けた合意書に調印。2019年には調達分野でジョイントベンチャーを設立している。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集