関越道/災害通行止め区間の復旧工事、進捗率10%

2020年11月12日 

NEXCO東日本は11月11日、災害通行止めとなっている関越自動車道「小出IC~六日町IC間(上り線)」の復旧工事の状況について発表した。

<応急復旧作業の現場写真>
復旧工事

<応急復旧作業の概略図>
復旧工事

それによると、11日17時時点の進捗率は全体の約10%となっており、本線上では鋼矢板の打ち込みを開始したほか、側道には大型土嚢を約130個を設置した。

今後は、当初の計画通り、今週末の追越し車線確保を目標に作業を進める予定。

最新ニュース

物流用語集