ブラザー/産業・物流用に感熱・熱転写兼用モデル3機種新発売

2020年12月17日 

ブラザー工業は12月17日、ラベルプリンターの新製品として、高速・大量印刷を実現したブラザー初の産業用ラベルプリンター「TJ-4T」シリーズ3機種を1月中旬に発売すると発表した。

<産業用ラベルプリンター「TJ-4T」シリーズ>
20201217brother - ブラザー/産業・物流用に感熱・熱転写兼用モデル3機種新発売

このほど、従来機種より高速大量印刷を実現したブラザー初の産業用ラベルプリンター「TJ-4T」シリーズを投入することで、大規模な大量連続印刷用途のある製造・物流業界の顧客向けの拡販を目指すとしている。

製品の特徴の一つは従来機種と比べて約2倍向上した業界最速クラス356mm/秒の印刷速度を実現したこと。さらに、8インチ外径ロールや600m巻インクリボンにも対応し、大量印刷に適した少ない交換頻度で作業効率にも貢献する。

シリーズ最上位モデルの「TJ-4620TN」は、600dpiの高解像度で、銘板ラベルやQRコードをはじめとする細かい文字や高精細な品質が求められるラベルもきれいに印刷できる。

プリントヘッドやプラテンローラーが簡単に交換できる本体機構となっています。トラブル発生時に業務を長時間止めることなく部品交換ができる。

発行したラベルを自動でカットする「オートカッター搭載モデル」や、台紙からシールをはがす手間を省く「剥離ユニット搭載モデル」を用意している。また、オプションとして無線LANとBluetoothに対応するための「無線LAN+Bluetoothユニット」も用意しており、用途に合わせたカスタマイズが可能だ。

なお、ブラザーは、昨年から感熱・熱転写兼用モデルを追加するなど業務用ラベルプリンターのラインアップを拡充している。ラベルに耐久性を求めない場合にはランニングコストが安価な感熱ラベルを、耐久性を求める場合や銘板ラベルをはじめとする紙以外の印刷もしたい場合は熱転写ラベルにするなど、顧客に最適な製品を提案している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集