ユーピーアール/グリーン物流で特別賞を東レと共同受賞

2020年12月17日 

ユーピーアールは12月17日、東レが upr のアクティブ RFID タグを搭載した「スマートパレット」を業界で初めて利用した取り組みにおいて、「令和2年度 グリーン物流パートナーシップ会議優良事業者表彰」の「特別賞」を東レと共同で受賞したと発表した。

<表彰式の様子>
20201217upr 520x340 - ユーピーアール/グリーン物流で特別賞を東レと共同受賞

受賞は、upr が開発したアクティブ RFID タグ搭載スマートパレットを使って、東レ製品の一貫パレット輸送を実現、トラック運転者の手荷役解消、積み下ろし時間の短縮を図ることで、労働環境を改善。物流の生産性を向上させたこと。それと同時に、効率的なパレット回収網を活用し、CO2排出量を削減(年間換算 197t-CO2)したなど、環境負荷や運送会社の負荷低減に貢献したことが評価されたもの。

取り組みの効果として、CO2排出量を83%削減 (▲197t-CO2/年)、製品積み下ろし時間を75%短縮 (▲2万3788 時間/年)、事務作業効率化で作業時間を100%削減 (▲1584 時間/年)、トラック待機時間を38%削減 (▲5947 時間/年)、物流事故(破袋)を35%削減 (▲148 件/年)している。

なお、この賞は、経済産業省・国土交通省等が物流分野における環境負荷低減、物流の生産性向上など、持続可能な物流体系の構築に関し、特に顕著な功績のあった事業者に対して表彰を行うもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集