日立物流ソフト/WEBセミナーでRFID棚卸システムなど紹介

2021年01月05日 

日立物流ソフトウェアは1月20日、東芝テックと共催で、物流現場でRFIDを有効活用するソリューションのWebセミナーを開催する。

同セミナーではRFIDの有効活用をテーマとし、日立物流ソフトウェアの「ONEsLOGI/RFID棚卸システム」や、パートナーである東芝テックの物流倉庫向けRFIDシステム「RFLogispert」を中心に紹介。これらは、業務効率化による人手不足対策、生産性向上のほか、精度向上、感染症防止を実現し、低コストで簡単導入可能な新ソリューションとなっている。

また、日立物流ソフトウェアのコンソーシアム事業についてもあわせて紹介する。

「ONEsLOGI」(ワンスロジ)は、「ONE STOP LOGISTICS IT SOLUTION」の略称で、 物流センター管理システム(WMS)をはじめとする日立物流ソフトウェアの商品体系の総称。

■開催概要
タイトル:物流課題に取り組むベストパートナー~日立物流ソフトウェア「ONEsLOGI」のご紹介~
第3回「日立物流ソフトウェア×東芝テック共催 低コストで簡単導入!RFIDの有効活用で業務効率化」
日時:1月20日(水) 16:00~16:50
場所:オンライン
参加費:無料(事前登録制)
申込期限:1月19日(火) 17:00まで
定員:100名 ※定員になり次第締切
対象:物流・SCM部門など物流業務に携わる方、当該のテーマに課題・関心のあるIT部門の方

■プログラム
1.<日立物流ソフトウェア>ONEsLOGI/RFID棚卸システム
上位システムとの連携なしで簡単導入、低コストなRFID棚卸ソリューションを紹介。RFIDで一括読み取りすることにより、棚卸工数を削減し、ICタグの繰り返しの使用が可能。

2.<日立物流ソフトウェア>ONEsLOGIコンソーシアム事業
パートナーシップの強化で、より多くの顧客と出会え、また日立物流ソフトウェアのシステムとの連携によりシナジーを発揮する「拡販パートナー会」、「商材パートナー会」の紹介。

3.<東芝テック>金属対応特殊RFIDタグによる事例紹介およびRFIDソリューション
従来難しいとされていた現場での金属対応RFIDタグの活用事例とRFIDで読み取ったデータをWMSへローコストかつ容易に連携導入できるパッケージソフト「RFLogispert」の紹介。

■詳細・申込
https://www.hitachi-hbsoft.co.jp/news/20201222.html

■問い合わせ
日立物流ソフトウェア 営業本部 営業企画部 営業企画グループ
TEL:03-5634-7296

最新ニュース

物流用語集