Hacobu/シモハナ物流がトラック予約受付サービス導入決定

2021年01月08日 

Hacobuは1月8日、同社のトラック予約受付サービス「MOVO Berth(ムーボ・バース)」が、 シモハナ物流の全国の物流拠点に導入されることが決定したと発表した。

<MOVO Berthの画面>

トラック予約受付サービス MOVO Berthとは、Logistics Cloud MOVOのアプリケーションの1つで、トラックバースの予約や物流施設における入退場受付をオンライン上で管理する仕組み。入出荷情報の共有化、車両平準化、トラックの待機時間の削減を行うことが可能だ。

シモハナ物流は、食品・外食物流の輸配送・在庫管理などを包括的に請け負う3PL物流サービスを関東から九州で展開。従来、シモハナ物流の多くの営業所(物流拠点)ではトラックの長時間待機が課題となっており、平均1時間、長い場合は2時間半に及ぶこともあった。これは、入出荷トラックを先着順で受付けていたために、早朝にトラックが集中し周辺で待機が発生していたことが要因。

シモハナ物流では、すでに東日本を中心に9か所の物流拠点でMOVO Berthを導入している。特に埼玉県の浦和第二営業所では、2020年10月以降、 MOVO Berthを使って予約を入れた車両の平均待機時間は18分、予約を入れていない車両の平均待機時間は61分で、予約の有無で3倍以上の待機時間の影響が出た。

また、トラックの待機時間を削減するだけではなく、事前にいつ、何を積んだトラックが到着するか把握できるようになったため、物流拠点側では先々を考えた受け入れ準備ができるようになり、庫内業務の改善にも効果があった。

そこで、これらの結果を踏まえ、シモハナ物流では2021年以降、西日本の各物流拠点にもMOVO Berthを順次導入することを決定。シモハナ物流はこれまでも物流業務のデジタル化、自動化を積極的に推し進めており、 Hacobuが掲げる「Withコロナ時代の物流の3つのニューノーマル」1.非接触化2.デジタル化3.非ブラックボックス化を押し進める、物流の先進企業となっている。

シモハナ物流の占部 昌嗣専務取締役は「物流業界は、未だアナログな業務が多い業界。中でも、物流センターへの入荷(納入)は先着順で受け付けているので、開場時間にトラックが集中する事で待機が発生する事に加え、繁忙期では、社員が入荷車両の交通整理をせざるを得ない状況だった。また、待機車両の騒音などで近隣住民からのクレームも多発していた。MOVO Berthを導入したのは、あくまでこのような問題を解決するための手段として考えていたが、その先にあるデジタル化を目指すならば、まずはデータを蓄積し、蓄積したデータを分析・活用する事で、数値を根拠に生産性の向上など、物流最適化を実現するための第一歩としていきたいと考えている」とコメントしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集