日本郵便/マンション内配送をロボットで自動化、千葉で試行

2021年02月25日 

日本郵便は2月25日、オートロックシステム付きマンションなどの「屋内」でのラストワンマイル配送における配送ロボットの可能性を検証する日本初の試行を実施すると発表した。

<使用する配送ロボット>
20210225yubin - 日本郵便/マンション内配送をロボットで自動化、千葉で試行

20210225yubin1 520x387 - 日本郵便/マンション内配送をロボットで自動化、千葉で試行

試行では、複数台の配送ロボットとエレベーター、運行管理システムを連携させ、オートロックシステム付きマンション内での荷物配送を行う。これにより、ラストワンマイル配送における配送ロボットの可能性を検証し、省人化配送の実現を推進する狙い。

この試みは、2020年9月末~11月にかけて実施した公道での輸配送実証実験に続く取り組みで、NEDOによる「自動走行ロボットを活用した新たな配送サービス実現に向けた技術開発事業」の補助を受けて行う。

■試行概要
期間:2月下旬~3月下旬(予定)
場所:千葉県内に所在するマンション
実施協力:日立製作所(運行管理システムの試作・運行の実施)
日立ビルシステム(配送ロボットのエレベーター連携対応)
アスラテック(配送ロボット「RICE」の提供・運行の実施)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集