住友商事/東京都板橋区で1.5万m2の物流施設を稼働開始

2021年03月01日 

住友商事は3月1日、消費地近接型物流施設「SOSiLA」(ソシラ)の開発を推進しており、東京都板橋区の「SOSiLA板橋」の稼働を開始したと発表した。

<稼働開始したSOSiLA板橋>
20210301sumisyo 520x389 - 住友商事/東京都板橋区で1.5万m2の物流施設を稼働開始

SOSiLA板橋は、SOSiLAシリーズとして初の東京23区内で取り組む消費地近接型物流施設。住友商事が開発する物流施設として11棟目となる、延床面積15,264m2の施設で、城北エリア(文京区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、足立区)への多頻度配送を実現する。また、都営三田線・JR埼京線の徒歩圏内という好立地が働き手にとっても大きな魅力となっている。SOSiLA板橋を先行モデルとして、より都心に近い立地で小規模ながらも機動性の高い物流施設の開発を今後も推進し、取引先や消費者のニーズに応えていくとしている。

今後のSOSiLAシリーズでは、2020年10月に着工した埼玉県八潮市の「(仮称)SOSiLA八潮」が2022年4月の稼働を予定しており、首都高速道路三郷線と東京外環自動車道が交わる地点に立地する広域配送や都心配送に適した物流施設となっている。

また、神奈川県大和市の「(仮称)SOSiLA中央林間」はSOSiLAシリーズ最大規模の物流施設で、2021年4月に着工、2022年夏頃に竣工する予定。さらに、千葉県柏市では「(仮称)SOSiLA柏」向けの開発用地を2020年3月に確保しており、常磐自動車道柏IC至近かつ国道16号線沿いという希少な物流適地を活かした物流施設の開発を目指す。

なお、近年、Eコマース市場の拡大により物流施設の需要が高まる一方、配送トラック・ドライバー、庫内就労者の不足が社会問題となっている。住友商事は、こうしたサプライチェーンにおける社会課題を解決すべく、“人と社会を繋ぐ物流施設”をテーマに、首都圏を中心とするSOSiLAシリーズを展開し、消費地に近接したラストワンマイル対応の物流施設開発を進めている。

住友商事は、オフィスビル・商業施設・分譲マンションと並び、物流不動産を不動産事業の「第4の柱」として位置付けている。今般(仮称)SOSiLA柏向けの開発用地を取得したことにより、住友商事が開発を手掛ける物流施設の総延床面積は90万m2(約27万坪)超、資産規模は2300億円超となつた。今後も都心や人口が密集するエリアを中心にラストワンマイル対応の物流施設の開発を推進し、配送効率化や労働環境の向上に取り組んでいくとしている。

■物件概要
名称:SOSiLA板橋
住所:東京都板橋区蓮根
交通:都営三田線「西台」駅(徒歩で約10分)
   都営三田線「蓮根」駅(徒歩で約10分)
   JR埼京線「浮間舟渡」駅(徒歩で約16分)
アクセス:首都高速道路5号池袋線「中台」IC(約1.8km、車で約9分)
敷地面積:7126m2
延床面積:1万5264m2
構造/階数:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造/4階建て
竣工年月:2021年3月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集