ミナカラ、濃飛西濃運輸/物流センターにセントラル調剤薬局設置

2021年03月03日 

オンライン薬局「ミナカラ」を運営するミナカラは3月3日、セイノーホールディングスグループの濃飛西濃運輸と共同で、同社が石川県白山市に所有する物流センター内に調剤薬局を設置し、2月に稼働を開始したと発表した。

<調剤薬局を設置した濃飛西濃運輸の物流センター>
20210303minakara 520x319 - ミナカラ、濃飛西濃運輸/物流センターにセントラル調剤薬局設置

ミナカラは、2015年から東京都内の自社保険調剤薬局を通じてオンライン薬局事業を展開。薬剤師による宅配や即時配送など、利用者が必要とする際にすみやかに医薬品等を提供できるよう、物流面の実証事業や取り組みを行ってきた。

今回、物流面のさらなる強化を図るべく、「セントラル調剤薬局」構想を掲げ、濃飛西濃運輸の物流センター内に調剤薬局の許認可を取得し稼働を開始した。今回の取り組みは、オンライン薬局に対応した調剤薬局を物流センター内に開発・稼働した国内初の事例。今後は、同取り組みをモデルケースとして全国への水平展開を図っていく。

<物流センターへの調剤薬局設置によるメリットと中長期的構想>
20210303minakara1 520x346 - ミナカラ、濃飛西濃運輸/物流センターにセントラル調剤薬局設置

20210303minakara2 520x346 - ミナカラ、濃飛西濃運輸/物流センターにセントラル調剤薬局設置

20210303minakara3 520x346 - ミナカラ、濃飛西濃運輸/物流センターにセントラル調剤薬局設置

同調剤薬局では、セントラルキッチン(集中調理施設)のように医薬品供給を一手に引き受ける。

物流センター自体を調剤薬局とすることで、配送時間の短縮(即時配送等)、品質の高いピッキング・梱包、健康相談だけでなく物流面も含めたスムーズなカスタマーサポートの提供が可能になるほか、将来的にはドローン配送等の新たなラストワンマイル体験の提供につながる拠点としても活用を検討している。

また、製薬企業の製造工場が集積する北陸に拠点を設置することで、リードタイムの短縮や製薬企業とのコミュニケーションを強化。中長期的には、利用者の多いエリアごとに「セントラル調剤薬局」を設け、ラストワンマイル配送手段の拡充や配送スピードアップにつなげる。

さらに、物流のプロフェッショナルとの協業で、品質と生産性の向上を図るほか、一般的な小型店舗以上の規模化により、中長期的には対物業務へのロボット・AI導入等の投資を行いやすくし、さらなる品質と生産性の向上を狙う。

ミナカラは、2020年8月にセイノーホールディングスがアンカーLPとして参画しているLogistics Innovation Fund投資事業有限責任組合を割当先とする増資を実施しており、医薬品配送等の物流オペレーション領域の拡大・強化等を中心に、セイノーホールディングスと協業を進めている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集