三菱地所、日本生命/共同事業で相模原市に物流施設開発始動

2021年03月24日 

三菱地所と日本生命保険は3月24日、神奈川県相模原市中央区淵野辺において、物流施設開発事業「(仮称)相模原市中央区淵野辺プロジェクト」を始動すると発表した。

<(仮称)相模原市中央区淵野辺プロジェクト/外観パース>
20210324mitsubishi1 520x264 - 三菱地所、日本生命/共同事業で相模原市に物流施設開発始動

<広域図>
20210324mitsubishi2 520x309 - 三菱地所、日本生命/共同事業で相模原市に物流施設開発始動

<詳細図>
20210324mitsubishi3 520x285 - 三菱地所、日本生命/共同事業で相模原市に物流施設開発始動

計画地は、国道16号線までのアクセスが至便かつ、圏央道「相模原愛川 IC」より約 6.8km、東名高速道路「横浜町田 IC」より約10.8kmと両高速道路の利用が可能であるほか、東京都心から40km圏内、横浜から30km圏内に位置している、地域配送・広域配送の両方に適した立地。

加えて、JR横浜線「淵野辺」駅・「古淵」駅からはともに徒歩約20分圏内であることや、相模原市は人口の多い政令指定都市であるため、テナント企業が雇用を確保しやすい環境にあり、高い需要が見込まれる。

このプロジェクトは、三菱地所が出資する特定目的会社と日本生命が事業主体となって開発するもので、地上5階建てマルチテナント型物流施設を想定している。2022年の新築着工、2023年の竣工を予定している。

■計画概要
開発者:淵野辺デベロップメント特定目的会社、日本生命、三菱地所の特定子会社
所在地:神奈川県相模原市中央区淵野辺五丁目977番1、977番81、977 番82(地番)
アクセス (自動車)圏央道「相模原愛川IC」より約6.8km、東名高速道路「横浜町田 IC」より約10.8km
(電 車)JR横浜線「淵野辺」駅より約1.5km(徒歩約19分)
「古淵」駅より約1.5km(徒歩約19分)
施設形態:マルチテナント型
規模・構造:地上5階建・ダブルランプ型
敷地面積:約7万8100m2(約2万3600坪)
延床面積:約17万3000m2(約5万2300坪)
着工:2022年(予定)
竣工:2023年(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集