豊田通商/米ジップラインとドローン物流サービスで提携

2021年03月31日 

豊田通商は3月30日、米国のジップライン インターナショナルと日本市場でのドローン物流サービスの社会実装を目的とする戦略業務提携を結んだと発表した。

<ジップラインのドローン>
0331toyota tsusyo - 豊田通商/米ジップラインとドローン物流サービスで提携

提携では、豊田通商は、ジップラインからドローン技術の提供を受け、日本でのドローン物流サービス事業構築を推進。具体的には、離島で医薬品などのドローンでの運搬を行い、人手不足や物流課題、医療アクセス格差の解決を目指す。

ジップラインは、ドローンの機体開発・製造などを手がけており、ルワンダとガーナで一国をカバーする規模の広域医療品配送事業を行うほか、米国でも事業を開始。これまでに約800万km以上の自動飛行を通じて、150万回分以上のワクチン、血液製剤、重要医薬品などを2500以上の医療施設、2500万人以上に届けた実績を持つ。今回、他社に初めて技術を提供する。

豊田通商では、2018年6月にジップライン社に事業会社として、初めて出資して業務提携を締結。ガーナの事業では、豊田通商グループの医薬品輸入卸販売事業会社のゴカルスラボレックスが取り扱う医薬品を、ジップラインがガーナ国内の医療機関に届ける協業を行ってきた。

今回の提携は、モビリティ分野での技術革新や新ビジネスを通じて、新たな付加価値を提供する「ネクストモビリティ戦略」の一環と位置付けており、トヨタグループの商社として自動車事業で培った知見とジップラインの技術を生かし、新たな空のモビリティとしてドローン物流事業を展開していく考え。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集