エスライン/愛知県丹羽郡大口町に0.98万m2の物流施設オープン

2021年04月05日 

エスライングループ(エスラインギフ、エスライン各務原)は4月3日、愛知県丹羽郡大口町で「エスライングループ 小牧物流センター」をオープンしたと発表した。

<施設外観全景>
20210405sline1 520x390 - エスライン/愛知県丹羽郡大口町に0.98万m2の物流施設オープン

<施設内観>
20210405sline2 520x390 - エスライン/愛知県丹羽郡大口町に0.98万m2の物流施設オープン

この「小牧物流センター」は、グループ会社2社(エスラインギフ・エスライン各務原)が協業し、得意分野を活かしながら、お互いの社員が連携をとり、効率的に業務を行っていくことを目的として建設したもの。

エスラインギフは、従来より主に小口貨物を中心とした集配業務と幹線輸送を行っており、またエスライン各務原は、主に大手量販店の商品保管・加工作業・店舗配送等の業務を行っているが、今般、共同で新たな物流サービス事業を、お互いの特徴を活かしながら行うことにより、顧客へあらゆる物流ソリューションを提供できる複合施設の実現を目指している。

<自動ソーター>
20210405sline3 520x390 - エスライン/愛知県丹羽郡大口町に0.98万m2の物流施設オープン

<保育室>
20210405sline4 520x347 - エスライン/愛知県丹羽郡大口町に0.98万m2の物流施設オープン

また、「小牧物流センター」の建設にあたっては、グループ初となる企業内保育所を設置し、また3階の加工場には自動ソーターを設置するなど、ソフト面・ハード面の両面から、業務の効率向上化と省力化、生産性の向上、雇用の確保を図ることはもちろんのこと、社員が働きやすい職場作り・環境作りにも注力した。

なお、エスラインギフでは、この「小牧物流センター」オープンにより、1984年以降36年余にわたって利用されてきた「一宮支店」の営業を終了し、3月22日よりあらたに「小牧支店」として移転オープンする。

■概要
名称:エスライングループ 小牧物流センター
住所:愛知県丹羽郡大口町豊田3丁目9番地
建築概要:鉄骨造 事務所5階建、倉庫3階建
延床面積:9852.61m2
導入設備:椿本チエイン製自動ソーター「リニソート」(仕分け・梱包・封緘・ラベル貼りまでを自動化した自動ソーター、商品の投入口14か所、落とし口200か所設置)3トン荷物用エレベーター1基、垂直搬送機1基、
事務所棟エレベーター1基

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集