大友ロジ/神戸営業所でドライバーが新型コロナ感染

2021年04月06日 

大友ロジスティクスサービスは4月6日、神戸営業所に勤務する運転職員1名が新型コロナウィルスに感染したと発表した。

同従業員は3月29日の勤務終了後に帰宅した際、家庭内で感染者が判明。翌日から自宅待機となり4月3日にPCR検査を行った結果、感染が確認された。なお、同従業員の業務内容や直近の行動から濃厚接触者は確認されなかった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集