o9 Solutions/4月21日、デジタルSCMの今後を専門家が議論

2021年04月09日 

o9 Solutionsは4月21日、「流通業のDXを考えるーデータを起点としたSCMの実践」をテーマにパネルディスカッションを開催し、オンラインで無料配信する。

パネルディスカッションは、4月19~21日にかけて開催するグローバルのオンラインイベント「Global aim10x」の一部として実施するもの。

丸紅が提供するデジタルSCMサービスのポイントや導入事例を紹介するとともに、デジタルSCMの今後についてサプライチェーンの専門家が議論する。

なお、「Global aim10x」では、業界をリードするグローバル企業から、計画、意思決定、分析、DX等のリーダー約50名を招き、o9のデジタルブレインを議論の中心に据え、企業がデジタル時代の複雑さに、いかに迅速かつ自信を持って対応できるかについて、さまざまな角度から議論する。

初日・2日目は日本時間の夜間(英語セッション)だが、3日目の4月21日は日本時間午後の開催となる。

■パネルディスカッション
日時:4月21日(水)16:45~17:30
テーマ:流通業のDXを考えるーデータを起点としたSCMの実践(日本語・英語字幕)
パネリスト:渡辺 順氏(丸紅 物流企画部 デジタルSCM推進課長)
西川 廣氏(元JFEスチールCIO、o9ソリューションズ エグゼクティブアドバイザー)
大槻 ジョン(o9ソリューションズ シニアディレクター)

■「Global aim10x」開催概要
日程:4月19日(月)~21日(水)
場所:オンライン
参加費:無料
主な登壇企業:丸紅、Avon、Versace、Nestle、PepsiCo、Walmart Canada、AbInBev、Coca-Cola、Lands’ End、Henkel、Philips、Marks&Spencer、Bayer、Sillicon Labs、KraftHeinz、P&G、Pirelli、Schaeffler、Samsung、EsteeLauder、Intuitive Surgical、Unilever、Caterpillar Inc. New Balance、ExxonMobil他

■詳細・申込
https://o9solutions.com/aim10x/jp/aim10xglobal/#cta

■o9 Solutionsについて
2009年に米国テキサス州ダラスで創業された、グローバルサプライチェーン向けの最適化ソリューションを提供する企業。会長兼共同創設者のサンジブ・シドゥ(Sanjiv S. Sidhu)は、かつてサプライチェーン管理ソフトウェアの先駆的企業となったi2テクノロジーズを創業し、SCMという概念を世に定着させた人物のひとりで、o9ソリューションズでは、AI/MLや最新テクノロジーを余すところなく活用した全く新たなサプライチェーン・プランニング・プラットフォームを創造しました。o9は2015年にこのAIベースのソリューションをリリースして以来、欧米企業を中心に採用が急速に広まり、既に40社以上におけるサプラェーン革命に貢献してきました。機能性の高さが評価され2019年に発表されたガートナー社のマジック・クアドラントではS&OPのビジョナリー・リーダー企業に位置づけられました。
会社ウェブサイト(英語)https://o9solutions.com/

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集