東京都住宅供給公社/見守りサービス提供事業者にヤマト運輸

2021年04月15日 

東京都住宅供給公社(JKK東京)東京は4月15日、「高齢者向け『見守りサービス』の提供事業者を決定したと発表した。

<事業概要図>
20210415jkk 520x271 - 東京都住宅供給公社/見守りサービス提供事業者にヤマト運輸

JKK東京は、高齢者世帯の増加に伴い、高齢者向けに安心な住環境を提供するため、センサー等の機器による見守りサービスを提供する事業者を昨秋募集。このほど、事業者2社を決定したもの。サービス提供事業者はヤマト運輸と東京ガスの2社が選ばれた。

今後、5月から実証実験に着手し、同年12月頃に利用料金を確定したうえでサービスを開始する予定。

ヤマト運輸は通信機能を備えたLED電球による見守り、東京ガスはトイレ等のドアに設置する開け閉め確認センサーによる見守りにより、実証実験を行う。

事業の概要は公社住宅に住んでおり、希望する世帯を対象として、居室内での万一の事態に備え、センサー等の機器を活用した見守りサービスを提供する。

サービスの提供を開始する前に、公社の賃貸住宅において実証実験を行い、課題の有無及び改善の必要性等を検証する。

実証実験終了後、サービスの提供(有償)を開始するというもの。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集