日本郵船/グループ保有船がシンガポール海事港湾庁から表彰

2021年04月20日 

日本郵船は4月20日、グループのNYK Bulkship (Asia) 社が保有するメタノール専用船「TAKAROA SUN」の環境性能が評価され、シンガポール海事港湾庁(MPA)から、Singapore International Maritime Awardsの内、SRS Green Ship of the Year Awardを初めて受賞したと発表した。

<「TAKAROA SUN」>
20210420nyk 520x293 - 日本郵船/グループ保有船がシンガポール海事港湾庁から表彰

Singapore International Maritime Awardsは9つのカテゴリーに分けられており、すべてのカテゴリーを含めた受賞歴は、2012年に同社グループのNYK Shipmanagement Pte Ltdが受賞したExcellence in Training Development Award 及び、2015年に同社グループのNYK Group South Asia Pte Ltd が受賞したInternational Maritime Centre (Corporate) Awardとなり、今回は6年ぶり3度目の受賞となる。

「SRS Green Ship of the Year Award」は、高い環境性能を持ったシンガポール籍船に贈られる賞。NBAsiaが保有する「TAKAROA SUN」は、重油だけでなく環境負荷の低いメタノールも燃料として使用可能な二元燃料エンジンを搭載しており、高い評価を受けた。

「TAKAROA SUN」は建造費の一部にグリーンローンにより調達した資金を充当している。同社グループは運航面の環境に対する取り組み以外にも、グリーンファイナンスを推進し、環境投資面への取り組みを幅広いステークホルダーに発信するとともに、環境負荷の低減を可能とする技術を通じて持続可能な地球社会の実現に貢献するとしている。

■概要
船名:「TAKAROA SUN」
載貨重量トン数:4万9000トン
全長:183メートル
全幅:32.2メートル
造船所:現代尾浦造船(韓国)
船籍:ノルウェー国際船籍(NIS)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集