日野・関電/新会社設立、EVトラックのサブスクサービス提供

2021年04月22日 

日野自動車と関西電力は4月22日、トラック・バス等の商用EVの導入・運用に関する輸送現場の課題解決を目指し、新会社「CUBE-LINX(キューブリンクス)」設立の合弁契約を締結した。

<新会社で提供するサービスの概要>
20210422hino 520x200 - 日野・関電/新会社設立、EVトラックのサブスクサービス提供

新会社は5月初旬に設立し、2022年初の営業開始を予定。商用車・電力に関する両社の知見を活用し、EVの導入・運用における課題に対するソリューションを提供する。

具体的には、事業者がEVを導入時に必要となる車両や充電設備といったハードとITシステムを月額制で提供する。また、EVの最適な充電・配車計画や、電池残量を考慮した走行ルートの生成、事業所・車両の電力需要をトータルでマネジメントする。

輸送業界では、EVの導入が進む一方で、車両の契約や充電設備の設置、電力使用契約といった複数事業者との煩雑な手続きが導入のハードルになっている。また、日々の運用では非効率な充電による稼働率悪化や稼働中の電力不足を回避するため、緻密な運行管理や充電管理が必要とされる。

日野自動車と関西電力は、新会社を通じてさまざまな車両メーカー、設備メーカー、ITベンダー、電力会社が参加可能なオープンなプラットフォームの構築を目指し、事業者の事業形態や車両の使い方に合わせた最適なソリューションをパッケージ化して提供することで、輸送業界でのEV普及促進を目指す。

今後は、関連する業界のさまざまなパートナーや社会の物流MaaS進展とも連携しながらサービス内容を拡充していく方針。将来的には、自動運転車の運行マネジメント等も含め、あらゆる商用車を対象とするプラットフォームを目指す。

■CUBE-LINX 概要
所在地:東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル34階
資本金:5億円(日野自動車66.7% 、関西電力33.3%)
設立時期:2021年5月初旬
営業開始:2022年初予定
事業内容:商用モビリティ利用プラットフォームの開発・運営、マネジメントサービス提供

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集