日野/EVベンチャーと次世代商用車開発、2022年に試作車

2021年04月27日 

日野自動車は4月27日、イスラエルのEVベンチャーであるREE Automotive社と業務提携し、「次世代商用モビリティ」を開発すると発表した。

<次世代商用モビリティのコンセプトイメージ>
20210427hino 520x390 - 日野/EVベンチャーと次世代商用車開発、2022年に試作車

2022年度までにハードのプロトタイプを開発し、並行してビジネスモデルの検討・実証実験を進める。

両社が開発する次世代商用モビリティはモジュール構造となっており、REEのEVプラットフォームを採用した動力部分(シャシモジュール)と、用途に応じて最適に設計された荷室空間(サービスモジュール)で構成する。

サービスモジュールはニーズに合わせた様々な提案が可能。シャシモジュールから簡単に脱着することができ、独立したユニットとして物やサービスを届ける一方、シャシモジュールは単独で稼働して他のサービスモジュールの動力として活用することができる。

両社で共同開発するEVシャシは、主要コンポーネントを一つのシステムに統合してホイールとシャシの間に設置する「REEcornerTMテクノロジー」を活用。低床・フラットでさまざまなニーズに適応し、自動運転にも対応する。サービスモジュールは、顧客との共創を前提としている。

<2019年の東京モーターショーで日野が提案した『FlatFormer』>
20210427hino2 520x325 - 日野/EVベンチャーと次世代商用車開発、2022年に試作車

<日野自動車の下社長(右)とREEのダニエルCEO(左)>
20210427hino1 520x166 - 日野/EVベンチャーと次世代商用車開発、2022年に試作車

今回のREEとの協業について、日野自動車の下社長は「2019年の東京モーターショーで日野が提案した『FlatFormer』コンセプトが起点となっている。大きな反響があったこのコンセプトが、さらに実現に近づくことを大変嬉しく思っている。REEとの協業は、将来の社会のありかたと調和する商用モビリティの新たな価値創造に挑む大きな力になる」とコメント。

また、REEのダニエルCEOは、「『FlatFormer』は、未来の電動モビリティのターニングポイントであったと確信しており、日野の先見性のあるチームとのエキサイティングなパートナーシップのきっかけになった。今回のパートナーシップは、革新的な次世代商用EVの開発・提供により世界中の人々の生活の質を向上させるという、共通の使命を果たすためのまたとない機会だと考えている」と語った。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集