トヨタ・イオン/人手不足など物流業界の課題解決へ協業

2021年04月27日 

トヨタ自動車とイオングローバルSCMは4月27日、物流領域での新たな取り組みについて検討を進めていくことに合意したと発表した。

イオングローバルSCMが培った小売業の物流ノウハウと、トヨタのTPS(Toyota Production System:トヨタ生産方式)ノウハウ、コネクティッド・電動化技術を組み合わせることで、物流業界が抱える人手不足、カーボンニュートラルといった共通課題の解決を目指す。

また、サプライチェーン全体を効率化する仕組みや、コネクティッドシステムを構築することで、人々の暮らしを支え、物流の未来を創造することに取り組んでいく。

両社はこの取り組みを、トヨタがいすゞ自動車、日野自動車と取り組むCASE(Connected、Autonomous/Automated、Shared、Electricの頭文字をとった造語)対応を加速させるプロジェクト「Commercial Japan Partnership」としても位置付け、共に豊かな社会づくりに向けた協業を進めていくとしている。

また、今後については協業内容を深めるとともに志を同じくする新たなパートナーとの連携についてもオープンに検討していく。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集