ニトリ/北海道石狩市に平屋7.7万m2の新物流センター

2021年05月12日 

ニトリホールディングスは5月12日、北海道石狩市に新物流センター「石狩DC(ディストリビューションセンター)」を開設すると発表した。

<石狩DCの完成イメージ>
20210512nitori 520x302 - ニトリ/北海道石狩市に平屋7.7万m2の新物流センター

新施設は物流を担う子会社のホームロジスティクスが運用。敷地面積10万5000m2に平屋建て延床面積7万7000m2の規模で建設し、2022年5月末の竣工を予定している。

ニトリグループが2025年までに取り組む物流網再構築の第1弾として、札幌DCや外部倉庫、他の物流センターに分散している機能を移転集約し、商品輸送で排出されるCO2やコストを削減するほか、施設規模の拡張で入出荷能力を拡充し、今後の店舗数増加やEC需要の拡大に対応する。

建設地は札幌圏に位置しており、道内の広域配送にも適した立地で、札幌市手稲区の札幌DCから11km程度の距離に位置している。また、石狩湾新港にも至近のため、商品の9割以上を占める海外製品の輸送効率向上も見込んでいる。

■石狩DC(仮称)施設概要
建設地:北海道石狩市新港南2-725-2
敷地面積:10万4664m2
構造:S造、耐震構造、地上1階建
延床面積:7万6786m2
着工:2021年5月24日(予定)
竣工:2022年5月30日(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集