住友商事/消費地近接型物流施設、大阪と尼崎で満床稼働へ

2021年05月31日 

住友商事は5月31日、大阪市福島区で消費地近接型物流施設「SOSiLA大阪」が同日に竣工。また、7月15日には兵庫県尼崎市で建設中の「SOSiLA尼崎」が竣工すると発表した。

SOSiLA大阪、SOSiLA尼崎ともに、満床での稼働を見込んでいる。

<SOSiLA大阪>
20210531sumisho 520x276 - 住友商事/消費地近接型物流施設、大阪と尼崎で満床稼働へ

SOSiLA大阪は、JR大阪駅から3.5km圏内と、都市部へのラストワンマイル配送に適した立地にある。また、阪神高速2号淀川左岸線・3号神戸線へのアクセスが良好で、広域配送にも対応可能な施設だ。

同施設は、レンゴー淀川工場跡地に建設したもので、レンゴーが土地を、住友商事が建築費用を出資して建築し、完成した建物を出資比率に応じて所有する「等価交換」の手法を用いて開発した。

レンゴーは、建物の1階と2階の一部を取得し、物流センターや研究所などとして使用することで、自社拠点の再編を加速。一方、住友商事は建物の2階の一部と3・4階の区分床合計5万2000m2を取得し、SOSiLA大阪として使用することで希少な消費地近接立地での物流施設開発を実現している。

<SOSiLA尼崎>
20210531sumisho1 520x371 - 住友商事/消費地近接型物流施設、大阪と尼崎で満床稼働へ

SOSiLA尼崎は、延床面積4万4500m2の施設で、名神高速道路・阪神高速11号池田線に近接し、都市部へのラストワンマイル配送や広域配送に適した拠点であるほか、JR尼崎駅からも徒歩11分という立地。

日本通運への一棟貸しが決定しており、同社はSOSiLA尼崎を用いて関西圏での事業拡大を目指している。

SOSiLAシリーズでは、SOSiLA尼崎を含めて計13棟が竣工しており、今後、首都圏では「(仮称)SOSiLA八潮」(埼玉県八潮市)、「(仮称)SOSiLA中央林間」(神奈川県大和市)、「(仮称)SOSiLA柏」(千葉県柏市)の竣工を予定している。

また、関西圏ではSOSiLA大阪、SOSiLA尼崎のほかにも、消費地に近接した物流施設開発を予定。今後は、首都圏・関西圏のみならず、全国的に開発を推進していくとしている。

住友商事は、オフィスビル・商業施設・分譲マンションと並び、物流不動産を不動産事業の「第4の柱」として位置付けており、開発を手掛ける物流施設の総延床面積は100万m2、資産規模2600億円超となっている。

昨今のコロナ禍の影響で、消費地近接型の物流施設は必要性が高まっているため、今後も都心や人口が密集するエリアを中心にラストワンマイル対応の物流施設開発を推進し、配送効率化や就労環境の向上に取り組んでいくとしている。

■物件概要
「SOSiLA大阪」
所在地:大阪府大阪市福島区
交通:阪神本線「淀川駅」徒歩7分、大阪環状線「野田駅」11分
アクセス:阪神高速2号淀川左岸線「大開IC」から300m
延床面積:5万2000m2
竣工:5月31日

「SOSiLA尼崎」
所在地:兵庫県尼崎市潮江
交通 :JR神戸線「尼崎駅」11分
アクセス:名神高速「尼崎IC」1.6km
延床面積:4万4500m2
竣工:7月15日(予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集